ネットショップ開業日記

ネットショップを開業してみたい!という人たちに情報をお届けしていきます。

輸入販売は難しそうだなぁ~ ネットショップ開業

友達が輸入販売のネットショップで働いています。

その会社は、私が開業した2016年1月と同じ時期に設立されました。

 

同じ時期に同じような業種でスタートしたので、その友達とは良く連絡を取るようになったのですが、その会社は先月(2017年5月)終わりを迎えました。

 

創業当時からお互いの情報交換してましたので、色々と輸入販売についても勉強になりました。

その会社は中国から輸入して日本(amazon / 楽天 / Yahoo!)で販売していました。

私は全て日本メーカーの日本製しか販売していないので、

知らない事を色々と知る事が出来ました。

 

私との違いとして、

まず、原価がものすごく安い!

驚く事に原価の10倍くらいで販売出来ている商品なんかもあります。

とにかく日本製ではありえない粗利!うらやましい!

 

あと、中国は何でも作れるし、探してくれるそうです。

イデア次第で可能性は無限大ですね。

 

こんな商売楽しそう!

 

この2点だけ見ると自分でも始めてみたくなります。

しかし、色々と話を聞いていると自分には無理だと思う事がありました。

 

1.やはり不良品が多い

送られてきた商品の半分が不良品だった事もあるそうです。

しかも中国では不良品という概念がなく、こちらが送料を払って返品しなければならないという事でした。

 

2.クレームが多い

検品を無事クリアして販売に至った商品でも、やはりクレームが多いようで、クレーム対応で忙しそうでした。

そうなると厳しいレビューも多くなりがちで、ストレスがたまりそうです。

 

3.納期がかかる

中国から来るので仕方ないですが。

また、関税なども私には良くわかりませんが、難しい問題です。

 

4.勉強してないと怖い

国によって法律や規制などが様々ありますので、知らずに販売して法を犯していたというパターンもあり、怖い部分があります。

 

5.前金

不良品やクレーム品が多いのに前金で支払うのは嫌。

 

6.説明書がない

私は説明書が必要な商品は販売していませんが、これが無いとクレームになる商品は多いでしょう。商品の数だけ自分で作成しなければなりません。

また、商品の化粧箱なども無いので、用意しなければなりません。

 

7.商品ページ作成の労力がかかる

原価なりの商品ですので、商品ページを売価に見合うページに仕上げなければ売れません。非常に大変な作業だと思います。

 

8.敵が多い

中国から仕入れる=誰でも仕入れられる

マネ出来るが、マネされる。

最初は良いが、価格競争になり、資金力がモノを言う世界である。

 

などなど。

 

不良品・クレームが全く無く、

注文の翌日入荷し、

支払いは掛けで、

敵があまりいない自分には大変すぎて無理です。

 

やはりこれから開業される方は、

ニッチな昔ながらの業界などで、日本のメーカーまたは卸屋と取引するべきです。

簡単には取引できませんが、そのような業界の場合、どこも売上は落ちているはずです。

上手くやれば取引できるチャンスもあると思います。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村